CephaloMetrics AtoZ

CephaloMetrics AtoZ Ver.16 新機能

管理医療機器「画像診断システム」

AtoZ Ver.14

Ver16

AtoZは管理医療機器になります。

 AtoZは画像診断システムの販売名で管理医療機器の認証を取得しました。

 印刷時に認証の表示を印刷する/しないが選択できます。

印刷


Mac Yosemite対応

Mac OS X Yosemiteに対応いたしました。 ヨセミテを使用される場合はアップデートをお願いいたします。


ボリューム

ボリュームレンダリング機能

 AtoZのV16から標準でコーンビームCTやCT等、DICOMデータのボリュームレンダリング(VR)表示できます。 ツールアイコンをクリックして表示方法や方向を変更。 カスタムで表示スカラー、色をポイントで設定、保存できます。使いやすさを追求したユーザーインターフェースです。 気道の評価やCTからのセファロの変換、2つのVRデータのスーパーインポーズも行えます。

 

※ボリュームレンダリングを使用する場合はnVIDIAまたはATIグラフィックスボードが必要です。グラフィックスボードのスペックに関してはGTX660や760以上をお勧めします。コンピュータのメモリは16GBを推奨します。

画像をクリックして大きなサイズでご覧頂けます。

 

インバース グレースケール歯 歯+軟組織 軟組織 軟組織2骨骨+軟組織

AtoZ Ver.16 ボリュームレンダリング機能ギャラリー

 

 AtoZはピッチサイズなどの情報が違う医科用CTデータも読み込めます。 DICOMデータが入っている医科用CTのフォルダを指定して開くと、数種類のデータのスライス数を選択する画面が表示されます。スライス数が違う医科用CTの表示されている項目の中の1つを選択して開きます。

CT


気道計測

気道計測

 気道をポイントで入力すると3Dで気道が表示されます。体積等の情報も右上に表示されます。気道評価の他、2点間の距離の計測や、角度の計測ができます。

スーパーインポーズ

スーパーインポーズ

 ボリューム同士の重ね合わせを行えます。最初のボリュームと重ね合わせるボリュームの両方から同じ場所をポイントしていきます。


セクション表示

セクション

 セクションタブではX、Y、Z セクション(軸状、矢状、冠状)を同時に見る事ができます。

セファロ

セファロ

 3Dから原寸大とセファロ画像を書き出しできます。作成したファイルをAtoZ に取り込み、各種分析に使用することができます。正貌の書き出しもできます。

 


ボリュームのプリセットの変更

 ボリュームにはあらかじめいくつかのプリセットが用意されています。ボタンをクリックするだけでボリュームの表示が変わります。また、先生ご自身でプリセットを作成し、登録することができます。

カスタム

 

ボリュームレンダリングをSTLで書出し(オプション)

 ボリュームレンダリングをSTLデータで書き出しできる機能です。 各スライダーを調節してSTL書き出しする範囲を設定し、STLデータを作成します。STL出力できるので立体形状を3DモデルプリンターやCAMマシーンで製作ができます。この機能はオプションになります。

STL書出し

STL書出し

トップへ


イラストレーターでトレースや数値を編集する

 症例発表や、論文に載せるために皆様からの要望が強かったトレースや数値の編集がイラストレーターでできるようになります。Ver.16.01 管理医療機器対応バージョンからメタ方式(EPSで出力する形式)でコピーできます。イラストレーターでの編集がベジェ曲線のまま可能になります。パワーポイント等にも従来通り貼り付けできますが、事前にライン等を編集したい場合、イラストレーターにはり付けて編集することができます。
 AtoZで開いている患者さんのウィンドウ画面をコピーし、イラストレーター上で貼り付けます。数値やラインをそのまま編集できます。

イラストレーターで編集

平行線ツールでラインを移動できるように

 トレース補助機能の平行線ツールで、3番目にポイントを入力した際に表示されるラインを移動できるように変更しました。

平行線ツール

 

 

 

 

電話による製品のご購入・ご相談は0776-33-5333まで。

Copyright(C) 2008 -2016,YASUNAGA Computer Systems Co.,Inc.