OrthoOne

入出金管理・保険請求等

 

入金・出金管理について

日次画面で調節料や装置料、矯正治療費、診断料等の項目を選択し金額を入力することで日々の入金処理が行えます。また患者さん宛に領収書の発行も行えます。また日々の出金管理も行えます。入金・出金を入力すると自動的に日計表、月計表などの集計がメニュー選択で出力されます。

治療費カード

治療費カードはさまざまな支払回数、金額の割り振りに対応しており、治療費の支払予定を簡単に登録修正ができます。契約書(覚え)として患者さんに渡すこともできます。治療費入金時に治療費カードの支払い予定の支払済のチェックを行うことで治療費の残額、未入金などの支払状況が確認できます。

未入金管理-請求書発行

未入金一覧表を出力することにより、それぞれの患者さんの治療費などの未入金に対して請求書を発行することができます。

未収金管理

調節料などを患者さんが忘れてきた場合、未収金としてリストに登録でき、次回来院の際に忘れることなく未収金の確認ができます。

入金予定などのグラフ表示

治療費カードで治療費支払い予定を登録することにより、年間の入金予定グラフを出力することができます。日報で入金、出金の登録をすることにより入出金の状況もグラフ表示することができます。

入金予定の現金入力自動計算

治療費カードの入金予定の分割分を自動計算して再び表を作成します。予約テーブルは、月単位のチェア別で作成されます。

ネットワークでさらに効率アップ

コンピュータをイーサネットで接続し、別途4D Severソフトを導入することによって、複数のコンピュータでリアルタイムに各処理が行えます。チェアサイドではカルテ入力・管理、受付では予約・入金処理というように作業を分担すると効率的です。

充実のサポート&メンテナンス

Ortho Oneをご利用のユーザー様には毎年バージョンアップのお知らせをさせていただきます。アップデート(有料)していただくことによって、より万全なサポートがご提供できます。ソフトの使用方法に関するお問い合わせ等、迅速に対応いたします。

保険請求のための別紙書類作成機能(オプション)

唇顎口蓋裂の歯科矯正保険料金カードと診療報酬明細書、歯科矯正治療計画書、フォースシステムが出力できます。入力画面とは別のウィンドウで処置内容を選択するだけで、必須・選択・可能項目が色別で表示されます。
●3月中に新しい点数をセットして、4月に日付が変わると新しい点数で入力できるので、保険改正の対応も万全です。(有償サポート)
●専門担当者が指導いたします。オペレーターが変わったときの再教育も有償サポートいたします。
唇顎口蓋裂の診療報酬について詳しくは当社までお問い合わせください。

大学病院向け16チェアネットワーク版

このOrtho Oneはもともと大学向けとして開発されたので、16チェアの予約をネットワーク上の各クライアントからリアルタイムに検索、予約、修正できるようにシステム化できます。大規模なネットワークにも対応しております。

電話による製品のご購入・ご相談は0776-33-5333まで。

Copyright(C) 2008 -2017,YASUNAGA Computer Systems Co.,Inc.