CephaloMetrics AtoZ

歯のトレースが大きくなる場合の解像度設定方法
(Ver.11以上)

1. "表示設定"メニューの "歯パターンサイズを固定" にチェックをします。(Ver.12以上の場合)

歯のパターンサイズを固定

2. サムネイル入力で取り込まれている場合、デフォルトの解像度を設定します。"入出力設定"メニューの "X-Ray 解像度設定...."で側貌や正貌のデフォルトのDPIを"264"等、デジタルレントゲンの指定値に設定します。解像度の値は、お使いのレントゲンメーカーや機種によってそれぞれ異なります。詳しくはレントゲンメーカーにお問い合わせください。

新規ツールで取り込まれている場合、新規でデータを取り込む時に「取り込み範囲指定」を行う際に「Image解像度」を適正な数値に設定して下さい。

 

解像度設定

 

 

3. 患者データの解像度を修正するには"サムネール入力"ツール サムネイル入力 をクリックし、"追加"を押します。
※予め修正するファイルを開いておきます。

 サムネイル入力

 

4. 側貌など、修正したいサムネイル画像をダブルクリックします。

 サムネイル

 

5. "イメージ解像度"をクリックしてダイヤログを出し、正しい解像度を入力します。

解像度設定

 

6. "OK"を押します。トレースのサイズが異なっているので、再度ポイントを入力し直す必要があります。

 

ページトップへ

 

電話による製品のご購入・ご相談は0776-33-5333まで。

Copyright(C) 2008 -2017,YASUNAGA Computer Systems Co.,Inc.